より病院に合ったwifiを選ぶ方法

入院患者にとって家族や友人とsnsを楽しみたいという希望はあるものの、病院内での無線機器の使用は禁止されている所が多い現実があります。なぜなら、医療機器に干渉する電波を使われてしまうと、医療機器が誤作動してしまい、結果的に患者自身が被害を受けることになるからです。多くの場合は、患者が持ち込んだ無線機器により誤作動が発生する可能性が高まっています。無線LAN機器には複数の電波を送受信出来る機能を持った機種が多いので、最初からwifiスポットを用意して、医療関係者用と外来または入院患者用のアクセスポイントを設定して管理すれば問題は解決します。簡易的な装置では、同時に多くのアクセスがあると故障しがちですから、高負荷に耐えられる無線LANルーターの設置と管理が必要となるでしょう。

医療機器に干渉しない無線LAN機器があります

医療機器に電波干渉を引き起こしやすい周波数は、2.4Ghz帯に多いので、干渉が少なく安全に利用出来る5Ghz帯域を使用したwifiスポットを構築すれば良いわけです。医療現場でも使用可能な無線LAN機器は、専門的に扱っている業社があるので、設置場所の訪問見積もりを取得して導入すれば良いでしょう。市販されている無線LAN機器を接続しても、環境構築は可能ですが、病院を運営しつつ医療機器への干渉テストを行なうことは現実的ではありません。事前にテストされた医療機関向け無線LANルーターを設置すれば、干渉が防げるだけでなく管理ツールも充実しているので、セキュリティー面での役割も期待出来ます。不正アクセス対策をハードウェアで行えていれば、安全に利用出来るわけです。

管理業務を遠隔で委託出来れば安心です

病院向けのwifiスポット構築は、長期間にわたる安定した運用が求められます。設置から管理業務迄を専門業社に任せれば、遠隔操作によるモニタリングとトラブル対処を行なってもらえるので、保守管理契約を結ぶだけで済むわけです。医療機関では、専門の担当者を置くだけの時間的な余裕を作ることは難しい現実があります。病院内では、入院患者だけでなく、アクセスポイントを分けて医療従事者が行なう事務にも活用可能です。内向きネットワークとインターネットアクセスをMACアドレスベースで管理すれば、安全性と利便性の両立を図れるでしょう。安定稼働を行なうために必要な保守契約が出来る事業者とwifiスポット設置契約を結ぶことで、誰もが安定した無線LAN環境を利用できるようになります。