病院内にwifiを導入した後の注意点など

病院でwifiの使用ができるようになると、患者様やお見舞い客、スタッフの快適なインターネット環境が確保されることになります。パソコンやスマートフォンなどを使って、家族と好きなときにコミュニケーションをとったり、医師や看護師が業務を行う際も、スムーズに作業を進めることができます。病院側がwifiを用意することで、外部から持ち込まれたルーターによる電波干渉が起こる心配もなくなります。一方で、誰もが不安なく利用するためには、いくつかの注意点があります。多種多様な人々が利用することになるので、どんな場所で、どんな人が、どんな目的で使用するのか、その際にどんな問題が起こりうるのかといった背景をしっかり考えた上で、無線サービスの向上を図ることが必要です。

患者様のプライバシーへの配慮と説明

患者様のプライバシーを守るため、病院内で勝手に写真を撮ったり動画を撮ったりすることは多くの場合禁じられています。wifiが使用できるようになったことで、電子機器を使用する人が院内のあちこちで見られるようになると、不安を覚える患者様もいます。また、院内では使用する場所によっては電波の届きにくいところがある可能性もあります。これらの問題は、wifiを使用する場所を限定し、指定した場所でのみ電子機器を利用していただくことで解消できます。また、電波が飛んでいるということで、医療機器や自身の健康に影響が出ないかと心配される患者様もいます。安心して入院し、快適にネット環境を利用していただくためには、そのような心配はいらないということをしっかりご説明して理解していただくことが必要です。

ネットワークの安全なセキュリティの確保

病院は大切な個人情報がたくさん集まっている場所です。院内システムなどにスタッフ以外の誰かがアクセスできないように、セキュリティをきちんと守る必要があります。そのために、スタッフ専用のネットワークと、患者様と来院者の方専用のネットワークの2つのネットワークを用意しておくことが大切です。また、外部からの不正アクセスや浸入などによって情報が改ざんされたり、流出するような事態も避けなくてはなりません。第三者が利用できないようにネットワークを設定すること、そしてセキュリティについての確かで詳細な知識を持っていることが求められます。また、企業によっては遠隔でトラブルへのサポート・対処をしてくれる場合もあるので、いざというときに対応をしてくれるのかどうかを確認しておくと安心です。