病院内にwifiを導入する方法をご紹介

病院を訪れる外来患者だけでなく、比較的症状が軽くなった入院患者が利用するためのwifiアクセスポイントは、コミュニケーションツールを利用するための環境として要望が高いものです。入院中は暇な時間を持て余すケースがあるので、一定の利用規約の下で接続出来るならば、利用者は多いでしょう。医療機器が誤作動しないように、医師や看護師が利用している携帯電話機はPHSに限定されていることが多いので、一般的な携帯電話やスマートフォンの使用は制限しています。高度な機器を利用している重症患者のいる病室周辺では得に規制が厳しいので、隠れて携帯電話を利用されるくらいならば、ルールを作って管理できるwifi環境を提供した方が、病院としてもコントロールしやすく望ましいわけです。

システム設計と運用方針を最初に必ず行なう

病院に導入するwifi環境は、患者が利用する際のルール作りだけでなく、運用方針まで事前にしっかりと決めておく必要があります。医療用に使用するアクセスポイントと、患者が使用するアクセスポイントを分離することで、不正アクセスを防ぐことが可能です。時間帯によるアクセス制限を設ければ、消灯時間帯にアクセスする入院患者を防げるでしょう。院内で利用する際には、利用規約を作成して利用者に対して同意を求める必要があります。全てのアクセス記録を保管するだけでなく、院内と院外を区別するためにファイアーウォールと不正アクセス検知システムの導入を行なうことを忘れずに実施することが大切です。運営管理者を定めて、ソフトウェア・アップデートを常時行なうなど管理体制構築も重要でしょう。

医療機器に影響を与えないように専用機器を利用する

病院内で無線LAN機器を利用する際には、医療機器への誤作動だけは避ける必要があります。wifi規格には複数あるので、院内で利用出来る無線機器の周波数帯域を特定のものとすることで、影響を避けられます。具体的には2.4Ghz帯よりも干渉を起こしにくい5Ghz帯のみを利用するといった制限を行なうことで、安全な運用が可能となるわけです。医療機器に影響を与えない無線LANルーターは、医療機関向けの専用設備が開発されているので、専門に取り扱っている業者へ設置と管理を委託すれば、運用面の不安を払拭可能です。院内で利用する情報機器に対しては、MACアドレスによる登録制とすれば、医療用アクセスポイントへのアクセス制限を強固に掛けることが出来ます。患者への利便性よりも、医療機器に影響を与えないことを最優先に考えた運用が求められているわけです。